サッと一枚履くだけで快適サイクリング。パッド付きのサイクルパンツ5選!

 

ロードバイクのサドルは、シティサイクルに比べて細く固いもの。

パッド付きのインナーパンツを履いていないと、サドルに直接体重がかかり、乗る距離が長くなるにつれて、どんどんお尻や股間が摩擦で痛くなってくるんですよね…

サイクルパンツの下に隠れて見えない部分ですが、痛みを軽減して、サイクリングを快適にする役割を持つ、重要なアイテムです。

 

サイクルウェアのアンダー(下半身)は通常、パッド付きのインナーパンツ + サイクルパンツ(またはレーシングパンツ)というコーディネートが選ばれます。

しかし、重ねて履くと圧迫感もあり、正直なところ、準備をするのに面倒くさいんですよね。

 

シティライドやサイクリングなど、スピードを特に重視していない場合には、もっとラクな服装をおすすめします。

今回紹介する、パッドが内蔵されているサイクルパンツなら、インナーパンツの上からアウターパンツを履いて…という手間を省いて、一枚をサッと履くだけで、手軽にサイクリングを楽しめます。

しっかりクッション性能も高く、それ一枚でお尻の痛みも軽くなりますし、快適なサイクリングになりますよ!

 

パッド付きサイクルパンツの「レータン」

 

サッと履くだけで快適サイクリング。パッド付きのサイクルパンツ

パールイズミ レータン

ややこしいアイテム名ですが、「レーパン」ではなく「レータン」です。

ゆったりシルエットでもパッドはフィット!という触れ込みの、パッド内蔵のショートパンツ。

レースからロングライドまで幅広い用途に活躍するパッド「3D-ネオ」を装備し、街乗りからロングライドまで、様々なシーンに使えます。

腰・股間周りにゆとりのある動きやすいシルエットで、身体のラインが出ないパンツをお探しの方にもピッタリです。

パールイズミ サイクルクロップドパンツ

先に紹介したパッド付きショートパンツ「レータン」を七分丈にしたサイクルパンツ。

こちらも高性能パッド「3D-ネオ」を内蔵しているので、幅広いサイクリングシーンに対応します。

7分丈パンツの特徴として、オールシーズンに幅広く使えるメリットがありますね。

モンベル サイクルツーリングショーツ

軽量で肌離れがよく、ストレッチ性にも優れる生地を全面に採用したショートパンツです。

着用時にも目立ちにくい、薄手の取り外し式3Dストレッチパッドを内蔵。

パッドはクリックデタッチャブルシステム(パンツを着用したままでもプラスチックホックによって取り外しが行えるシステム)により取り外し可能なタイプです。

モンベル サイクルツーリングニッカ

軽量で肌離れがよく、ストレッチ性にも優れる生地を全面に採用したミドルパンツ。

先に紹介した「サイクルツーリングショーツ」のミドル丈です。

カペルミュール サイクルハーフパンツ(パッド付)

メイン部分にハリのある吸汗速乾素材を採用しており、薄く軽量ですが優れたシルエット保持力を誇ります。

サイドと背面に高いストレッチ性を持つ素材を配置することで、ペダリングがしやすく前傾姿勢時のウエストのずり下がりを防止します。

厚手で中距離~長距離のロングライドでも快適な乗り心地を実現します。

まとめ

パッド付きのサイクルパンツのメリットは、何よりも「サッと一枚履くだけで、快適なサイクリングになる」こと。

重ねばきほどの重装備としなくても、街乗りからロングライドまで対応します。

一度試してみてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です